AppleWatchの 転倒検出機能が再び人命を救う【設定&活用方法もご紹介】

AppleWatchの 転倒検出機能が再び人命を救う【設定&活用方法もご紹介】

AppleWatchの 転倒検出機能が再び人命を救う【設定&活用方法もご紹介】

 

Apple信者
今回はApple Watchの「転倒検出」が命を救ったお話

 

またしてもAppleWatchが人名を救いました。

Apple Watchは他にも「心電図」や「緊急SOS」といった人を救ってくれる機能はありますが、今回は…

 

転倒検出+緊急SOS=救われた

 

「このような機能の組み合わせで助かった」

 

という事が起こりました。ということで、今回は…

 

 この機能で救われたとある男性の話

 僕が「転倒検出」を体験した話

「転倒検出」設定方法

 

このあたりをポイントとして、「AppleWatch」の魅力お伝えできればと思います。

 

そしてAppleWatchをお使いの方で、これらの機能をOFFにしてしまっているのは非常にもったいないので、ぜひ本記事を参考に設定していただければと思います!!

 

AppleWatch「転倒検出」機能のすごさ!!【事例あり】

AppleWatch「転倒検出」機能のすごさ!!【事例あり】

Photo | Hans BraxmeierによるPixabayからの画像

 

ここでは実際にどういった状況で「転倒検出」の機能が働くか?

というポイントをお伝えするために…

 

  • 転倒検出で救われた男性の話と
  • 僕の体験談

 

を交えつつ解説したいと思います!!

 

アメリカの男性に起きた出来事

 

アメリカのアリゾナ州チャンドラー市内で男性が転倒して意識を失っていたところ、AppleWatchが転倒を検出しました。その後自動的に緊急通報を行ったことにより、無事に救助できたことが報じられています。

 

アップルくん
さすがAppleWatch!!

 

Apple信者
もう少し具体的に一連の流れを見ていこう!!

 

アメリカのアリゾナ州・チャンドラー市の警察に緊急の通報が入りました。

 

電話を受けたチャンドラー警察のコミュニケーションセンターによると、コンピューターの音声で「Apple Watchユーザー」が転倒して、反応を示さなくなったことを伝えてきたそうです。

 

更にその音声は、転倒した男性の正確な位置情報(緯度・経度)を提供されたので、警察官と救急隊は現場へと向かいました。

 

到着すると男性が倒れていてるのを発見。その後男性は適切な処置が施され助かったそうです。

救急隊の管理者であるアドリアナ氏によると…

 

「彼は私たちに彼の場所や何が起こっているかについての情報を提供することができなかっただろう」と派遣監督官のアドリアナ・カッチョラは言った。「彼は、私たちがそこに来るまで、助けが来ることすら気づいていませんでした。」

「テクノロジーが役立ちます。特に緊急事態が発生した場合、これは誰かの命を救う可能性があります。それが私たちが求めていることです。あなたが必要なことを私たちに伝えることができないときに役立つことです」

 

というようなコメントを残しています。

 

このコメントからも分かるように、AppleWatchの技術はチャンドラー警察からかなり高い評価受けています。

またチャンドラー警察は、ユーザーがデバイスの機能が緊急時にどのように役立つかを確認することを推奨しているとのことです。

 

Apple信者
これは本当に大切なこと。何かあってからでは遅いです!

 

 僕の「転倒検出」体験談

 

僕の場合は自転車で転んだ時に「発動」しました。詳しい状況はというと…

 

自転車で軽い下り坂を走行中(なのでスピードはそこそこ出てた)に、小さい段差を乗り越えようとしたら、バランスを崩しそのまま激しく転倒しました。

幸い意識もあり、とりあえず体を動かすことはできると思っていたその時でした…

 

「ブブッー」と手首をタップしてきたAppleWatch

 

Apple信者
何だろう思い確認してみると…

 

AppleWatch 転倒検出

Photo | Apple

 

このような画面が表示されていました。(AppleWatchって優しいと…ちょい感動しました笑)

 

とりあえずは意識もあり、体も動きそうだったので、「大丈夫です」を選択しました。

(たしかこの後理由も聞かれたような ← 「事故直後」なので記憶があいまいですm(_ _)m)

 

もちろんこの段階で意識がなければ、一定の時間が過ぎると救急へ「自動通報」がされます。もしくは自力で動けそうにない(骨折などの重症)であればすぐに通報も可能。

 

アップルくん
確かに…意識があっても、動けいないケースもありそう!!

 

Apple信者
僕が転倒した場所は人通り少なめ。そこで誰にも気付かれないと思うと…

 

ちなみにその時負った怪我↓↓

 

AppleWatch 転倒検出

 

ということで、AppleWatchの素晴らしさが身にしみた事件でした笑

 

そしてこれ以来、AppleWatchは僕の人生において欠かせない存在となりました。

 


 

余談ですが、今回記事を書くに辺り「転倒検出」を再現してみたかったのですが、 その精度はかなり高いようなので諦めました…(腕を壁に叩きつけたたりとかでは反応しないようです。←僕はやってませんが笑)

 

参考までにこちらの動画をどうぞ!!

Movie | Youtube / nikkeibp

 

ご覧たいだけるとお分かりかと思いますが精度は高め(わざと転んだりというのは反応しにくいようです)

 

以上が僕の体験談でした。

 

「転倒検出」機能を使うには設定が必要

「転倒検出」機能を使うには設定が必要

Photo | Luke ChesserUnsplash

 

これまでの内容で「転倒検出」機能の素晴らしさについてはご理解いただけたかと思いますので、ここからは設定方法について説明します。

 

また手動での緊急SOSのやり方(重要)についても合わせてお伝えしたいと思います。

非常に簡単なので、AppleWatchを持っている人はぜひ設定・使い方を覚えちゃいましょう!!

 

転倒検出の設定方法

 

ここでは「設定方法」について解説します。

 

初期設定で「65歳以上」とされている方は、自動的にONになるよう仕組みになっていますので、こちらの項目は飛ばしてOKです(念のために確認するのもありです)

① AppleWatchで「設定」アプリを開く

 

赤枠の「歯車のアイコン」をタップします。

 

Apple Watch 転倒検出 設定

 

もしくはアプリを「リスト表示」にしている場合はこちら

 

Apple Watch 転倒検出 設定

 

 

 ②「SOS」を選択

 

「設定」アプリを開いたら、画面をスクロールして「SOS」をタップ。

 

Apple Watch 転倒検出 設定

 

 

 ③「転倒検出」を選択

 

現在は「オフ」になっていますので、こちらをタップ。

 

Apple Watch 転倒検出 設定

 

 

 ④「転倒検出」を「オン」

 

こちらをタップすると「転倒検出がオン」になります。

 

Apple Watch 転倒検出 設定

 

 

 ⑤ 内容はしっかり読みましょう

 

最後に「確認」をタップして完了です!!

 

Apple Watch 転倒検出 設定

 

以上で設定は完了です。お疲れさまでしたm(_ _)m

 

手動の緊急SOSやり方

 

こちらの方法を覚えておくと、「いざ!」という時にかなり役立ちます。

 

アップルくん
いざ!っていうのはどんな時?

 

基本的には緊急時のケースです。例えば…

 

 転倒して動けないけど、「転倒検出」が反応していない

 急病で動けない、喋れない

 女性・子供は「暴漢」や「変質者」に対しても有効

 

特に3つ目は、「防犯ブザー」代わりともなり非常に有効(そのまま警察に通報も可能です)

 

こういった状況以外にも、危機的な状況といのはいくらでも考えられますよね!

そういった時に焦らずしっかりと利用するためには…

 

事前に方法を確認&練習

 

することがとても大切です!!

 

では実際の方法を確認しましょう。ですがその前に注意事項があります。

 

緊急SOSを実施すると「大きなアラーム音」が鳴ります。周囲に人が居ないことを確認するか又は自宅で練習しましょう!
また「警察や救急のコールセンター」に繋がる恐れがありますので、しっかりと説明を確認して、操作練習は十分に注意して行いましょう!!

 

方法はとても簡単です。
矢印が指している「サイドボタン」を長押し。
緊急SOS やり方
Photo | Apple
AppleWatch 緊急SOS やり方

 

そうすると、このような画面が表示されます。そのまま「サイドボタン」を押し続けると「5秒〜」カウントダウンが始まります。(もし指を離してしまったら、「SOS」のスライダをドラッグしてもOKです)
※練習時はキャンセルしましょう

 

ちなみにこの先へ進むと以下のような画面が表示されます。
AppleWatch 緊急SOS やり方

 

緊急時はこの内のどれか選択すると、通報可能です。
※練習時はタップしないでください(本当に緊急電話に繋がってしまいます)

 

以上が手動での緊急SOSやり方でした。

 

アップルくん
迷惑が掛かるから、悪用厳禁だね!!

 

おわりに

 

今回紹介した以外にも、AppleWatchに命を救われた事例は数多く存在します。

そして人の気配が無いところで、「転倒して意識を失った」「病気動けない」という事態は…

 

いつでも・どこでも・誰にでも

 

起こりうることです。

 

AppleWatchをお持ちで、未設定の場合はすぐに設定しておきましょう!!(損することはありません)

 

もしくは「まだ持っていないけど、興味はある」といった方は、この機会にAppleWatchの「導入」を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん緊急SOSいがにも活用方法はたくさんあります。

 

また将来的にも以下の機能が実装されることが予測されています。

 

このような点を考慮して僕は購入を決断しました。(生活の改善や生産性を上げつつ、万が一の時も安心です)

 

Apple Watch Series 5 GPSモデル 42,800円(税抜)〜

 

なお現在Series3モデルも販売されており、「破格の値段」で販売されています。

 

Apple Watch Series 3 GPSモデル 19,800円(税抜)〜

 

では今回は以上となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

AppleWatchの 転倒検出機能が再び人命を救う【設定&活用方法もご紹介】
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG