Appleがプライバシーの重要性と対策について語る【強化された4つの機能】

Appleがプライバシーの重要性と対策について語る【強化された4つの機能】

Appleがプライバシーの重要性と対策について語る【強化された4つの機能】

 

 

アップルくん
WWDC解説の続きだよ!!

 

遂に開幕したAppleのWWDC2020!!

 

基調講演は予定通り6月23日2時からスタートしましたが、発表されたのはソフトウェア(OS)のみで、ハードウェアの発表はありませんでした。

 

発表されたソフトウェア(OS)は以下です。

 

 WWDC2020 Keynote メニュー

 

今日も番外編になります!!

 

一見すると地味ですが、こちらもたいせつな要素…

 

「Privacy(プライバシー)」について

 

普段はあまり意識することが少ないかもですが、いざプライバシーと聞いたら、誰もがドキッとする、そして重要なことだと捉えるでしょう!

 

それはこの「インターネット社会」において、とても大切なことを示しています。

 

そんなプライバシーについて、Appleはこうコメントしています…

 

プライバシーを基本的人権と捉える

 

このように語っています。

 

アップルくん
ちょっと難しい表現…僕には理解が…
Apple信者
大丈夫!せっかくの機会だからちょっと深堀りしてみよう!

 

 本日のテーマ:Appleが語る「Privacy」とは?

プライバシーに関する4つの要素

プライバシーに関する4つの機能

  • Location data【位置情報サービス】
  • Recording indicator【マイク、カメラ記録時の表示】
  • Tracking control【アプリケーションのトラッキンを】
  • App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

今回のアップデートにより、強化されるこちらのポイントについてみていきましょう!!

 

プライバシーに関する4つの要素について

Privacy Apple

 

こちらがAppleが掲げたたプライバシーに関する要素になります。

  • Data minimization【第三者がアクセスできるデータ量を削減】
  • On-device intelligence【デバイス上の知能】
  • Security protections【セキュリティの保護】
  • Transparency and control【透明性とコントロール】

 

ではそれぞれに注目してみていきましょう!

 

Data minimization【第三者がアクセスできるデータ量を削減】

 

macOS(Big Sur)でも語られましたが、 第三者からのアクセスを制限します。

 

今回のアップデート(機能拡張という技術)により、例えば以下の画像のように、

 

「どれだけアクセスされているのか?」

ということも、確認できるようになりました!

 

On-device intelligence【デバイス上の知能】

 

こちらは情報をデバイス上で処理することを意味しています。

 

すでにiPhoneやiPadには組み込まれている技術ですが、例えると…

  • Touch ID
  • Face ID
  • Apple Pay(クレジットカードの情報)

 

このような重要なデータをデバイス上(iPhoneで)処理しています。

 

アップルくん
これは個人情報すぎるよね!安心だけど、どうやってるの?
Apple信者
「Secure Enclave」というAppleが開発したテクノロジーだよ!

 

デバイス上で処理するので、Appleすらもアクセス不可能な領域といわれています。

 

こちらもmacOS【Big Sur】での搭載が発表されました!

 

アップルくん
つまりそれだけ強固なんだね!安心!!

 

Security protections【セキュリティの保護】

 

プライバシーの保護にセキュリティ対策は、必要不可欠です。

今回のアップデートで、セキュリティ対策の機能も強化されています。(詳細は後述)

 

Transparency and control【透明性とコントロール】

 

機能拡張が大きく変化 safari

 

アクセス可能な第三者も自らに意思でせんたく可能です!

そのアクセス(データ量)を意図的に削減することにより、プライバシーを保護します。

 

そしてこれらの対策は、全製品・全サービスに講じられていてます!!

 

 

しかしプライバシー対策をあまりに強くすると利便性が下がります…

 

その時に便利な機能が…

 

 Sign in with Apple

 

Appleでサインインという機能。

 

どういった機能かというと…

 

  • Googleでログイン
  • Facebookでログイン

 

これら機能と同等で、アカウントのひも付けが可能となります。

 

Apple信者
ログインがとても楽だよ!!

 

使い方は以前の記事でも紹介していますが「生体認証」でログインが可能となりとても便利です。

 

プライバシーに関する4つの要素でした!!

 

プライバシーに関する4つの機能について

 

ここからは以下の具体的な機能について、詳しくみていきましょう!

 

 プライバシーに関する4つの機能

  • Location data【位置情報サービス】
  • Recording indicator【マイク、カメラ記録時の表示】
  • Tracking control【アプリケーションのトラッキングをコントロール】
  • App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

Location data【位置情報サービス】

 

Location data【位置情報サービス】

 

位置情報のコントロールが可能となりました。

 

正確な情報を共有する

Location data【位置情報サービス】

おおそよの位置でも共有可能に

Location data【位置情報サービス】

 

必要なときのみONにすれば、不本意に住所が特定されることも無くなるでしょう!

 

Recording indicator【マイク、カメラ記録時の表示】

 

こちらはわりとリアルタイムで問題になっているケースでもあり、そこについてに対策と言えます!!

マイク、カメラ記録時の表示がなされれば、いつ情報(音声や動画)が記録されているかの区別が可能となます。

 

アップルくん
どうやって区別できるようになるの?
Apple信者
すごく簡単だよー!!

 

アプリを使用時、右上に注目!!

Recording indicator【マイク、カメラ記録時の表示】

オレンジ色の点があれば、記録中

Recording indicator【マイク、カメラ記録時の表示】

 

アップルくん
うん!これならひと目見てわかるね!

 

Tracking control【アプリケーションのトラッキングをコントロール】

 

 

ウェブブラウザのトラッキン防止だけではなく、アプリのトラッキングにも対応しました。

 

Apple信者
先ほどのマイクやカメラの記録にも繋がる話ですね!

 

具体的な対策としてアプリをインストールする時に、トラッキングすることの許可を義務付けるそうです。

Tracking control【アプリケーションのトラッキングをコントロール】

 

こちらの画像から判断すると…

 

 追跡を許可

 追跡しなようにアプリに要求する

 

このような選択が可能となるようです。

 

App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

アプリのプライバシー・ポリシーを確認することが可能となりました。

 

Appleは食品の成分表を例に出しています。

App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

このようにしっかりと、どのような情報を収集しているのかを、デベロッパー(アプリの開発者)は明確に提示することが求められます。

 

App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

  • 支払い情報
  • 連絡帳
  • 検索履歴
  • 位置情報などなど…

 

これらの情報が取得されることを「App Store」でユーザーに知らせる仕組みです。

App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】
App privacy【アプリケーションのプライバシー・ポリシー】

 

以上がプライバシーに関する4つの機能についてでした!

 

Privacy(プライバシー)についてのまとめ

 
Privacy(プライバシー)についてのまとめ

 

以上がPrivacy(プライバシー)についてとなりますが、いかがだったでしょうか?

 

Apple上級副社長であるクレイグ氏はこう言います…

 

「この数ヶ月間の在宅ワークで明らかになったのは、テクノロジーが機能している家に住むことの重要性です」

 

そこで今回大幅にアップデートされたのが…

 

Homeです!!
Privacy(プライバシー)についてのまとめ

 

Homeを駆使することで、とても便利で快適な生活かつ、プライバシーが守られた環境で住む(仕事)することが可能になると思われます。

 

Homeにつていは、こちらの記事で詳しく紹介していますので、よければ合わせてご覧ください。
関連記事

  アップルくん WWDC解説の続きだよ!!   遂に開幕したAppleのWWDC2020!!   基調講演は予定通り6月23日2時からスタートしましたが、発表された[…]

Appleの「tvOS14」新機能を徹底解説【注目はHome Kitとアプリ】

 

しかし…

まだまだ紹介しきれていない機能もありますので、気になるかたはぜひ…

 

Apple公式ページ

Apple / YouTubeチャンネル

 

をチェックしてみてください!!

最後になりますが、「Privacy」のプレゼン動画を見た感想としては…

 

Apple信者
今まで知らない間にいろんな情報が抜かれていたのは恐ろしい…とはいえインターネット社会においては必要なことでもあります。なのでしっかりと自己管理をすることの大切さを改めて認識しましたー!!

 

といったところでしょうかね!

 


 

余談ですが…

これまでの機能を最大限に発揮させるには、Apple TVが必要となります。

噂では「A12X」という、超高性能プロセッサーを搭載した新型が、今年発売するといわれています。

 

Apple信者
Apple TV持ってない…欲しくなってしまった…

 

ということでいずれ書くであろう、レビュー記事にご期待ください(笑)

 

そして、YouTubeでもブログ記事を解説しています!

記事の内容をわかかりやすく解説していますので、よければお時間ある時にご覧くださいm(_ _)m

 

では今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

Apple TV(第4世代)32GB

 

Appleがプライバシーの重要性と対策について語る【強化された4つの機能】
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG