【無料】画像の文字入れに便利「Phonto」使い方を解説

【無料】画像の文字入れに便利「Phonto」使い方を解説

【無料】画像の文字入れに便利「Phonto」使い方を解説

 

Apple信者
今回は「Phonto」というアプリをご紹介します!!

 

「Phonto」というアプリを知っていますか??

 

例えば…

 

  • ブログ → アイキャッチ
  • YouTubed → サムネイル

 

という感じで画像に文字を入れて作る機会は、非常に多いと思います。

 

このアプリを知らない人は圧倒的に損をしている可能性があります。なぜなら‥

 

「無料のアプリ」なのにプロ並の画像が作れてしまいます。

 

その理由は400種類ほどある「フォント」もですが…

 

  • 文字に影を付ける、背景を入れる
  • ぼかしを入れて文字を光らせる
  • 文字の色にグラデーションを付ける

 

こういった要素を使って「プロクリエイター」さながらの文字を、そして「簡単な操作」で作成できるからです。

 

というわけで本記事では、こちらのアプリの魅力をお伝えしつつ「使用方法」についても、ご紹介できればと思います。

 

使用方法のみ見たい方は、目次から任意の場所へ移行してくださいm(_ _)m

 

Phontoについて【アプリのダウンロード方法など】

Phontoについて【アプリのダウンロード方法など】

Photo | App Store

 

こちらの画像のような「オシャレ」な文字を入れた画像を「直感的」な操作で作れるアプリです。

まずは「Phonto」がどういったアプリなのかをご紹介したいと思います。また注意点もありますので、しっかりと見ていただければと思います。

 

Phontoとは

 

冒頭でも少し紹介しましたが、「画像」に文字を入れるアプリです。(動画は不可)

例えば…

 

  • 400種類以上のフォントが利用できる
  • 40種類の日本語フォントを利用できる(好きなフォントをインストールする)
  • 縦書きにも対応
  • 文字のサイズ変更、カラー、グラデーションが簡単に変更できる
  • 文字の背景色を自由に変更
  • これらのスタイルを保存できるので、同じスタイルを適用した場合は、読み込めばOK
  • アイテム(吹き出し・図形)や記号も挿入できる

 

こちらは代表的な機能の一部です。他にも紹介しきれない機能はまだまだあります。

 

アップルくん
すごい機能だね!!

 

Apple信者
そう!そして操作もすごく簡単なのです!!

 

一応ですが、App Storeのレビューの一部をご紹介すると…

 

App Storeのレビュー

とても使いやすい
単なる文字入れだけでなく、傾斜やカーブも設定できるのが良い。フォントは多いが、探しやすくて便利。


パーフェクトなアプリ
いろんなフォントがダウンロードできるし、文字入れに不便を感じたことはないです。

 

といった感じで軒並み高評価ばかりです!!

App Storeのには「約3.6万件」の評価がありますが、「5点満点中、4.7」という高評価です。

 

気になる方はぜひダウンロードしてみて下さいね!(後ほど簡単に使い方の解説もあります)

 

Phontoのダウンロードはこちらから > > またはアイコンを選択↓↓

 

Phonto写真文字入れ
写真&タイポグラフィ
無料(App内課金有ります)

 

Android(アンドロイド)用アプリもあり

 

Android(アンドロイド)用アプリもありますが注意点としては、iOS(iPhone/iPad)版Phontの一部機能を実装していないとのことです。

 

Apple信者
僕もiPhone・iPad版しか使用したことがないので、細かい違いは不明です

 

ぱっとみた印象ではありますが、フォントの種類が少ない(200種類、日本語は30種類)となっているくらいしかわかりませんでしたm(_ _)m

 

しかし、Google Playの方でも軒並み高評価を連発し、レビューを見た感じでもそこまで使い勝手に違いは無いように思えます。

ということでAndroid(アンドロイド)でも問題なく使用できそうです!!

 

Phontoのダウンロードはこちらから > > またはアイコンをタップ↓↓

 

Phonto写真文字入れ
写真&タイポグラフィ
無料(App内課金有ります)

アプリ内の課金について

 

App内で課金することにより、以下のサービスを受けることができます。

 

  1. 広告非表示サービス ¥370
  2. Phonto画像パック ¥250
  3. Phontoフィルターパック ¥250
  4. 吹き出しジェネレーター ¥120
  5. 「文字スタイル」ツール  ¥250

 

正直課金しなくても十分すぎる機能なので、試しに課金してみるのもありです。(数百円なので)

僕もまだ課金はしていませんが、広告非表示は検討中です。

 

なぜかというと…

 

編集が完了して保存した後に広告が表示されます。なので画像を処理する枚数が増えれば検討しようかと思います。

 

Phontoの使い方を紹介

 

一緒に操作してみましょう!! Phonto

 

Photo | MacRumors

 

ここからは実際に使い方をご紹介していきたいと思います!!

上記の画像を作る工程を解説していきたいと思います。

操作方法はすごく簡単なのでご安心ください。

 

Apple信者
ただし、ひとつだけ注意点があります!!

 

今回はiPadで操作しています。iPhone版はほぼ一緒だと思いますが、Android(アンドロイド)版は実際に使ったことがないので、もし「操作方法」など違っていたらごめんないm(_ _)m

というわけで次から作成に入りたいと思います。

 

一緒に操作してみましょう!!

Phontoの使い方を紹介

 

上記が完成した画像になります。

今回はこちらの画像を作成していきたいと思います。

 

今回アップルくん(リンゴのキャラ)は編集に含みません。こちらはまた別のアプリを使用しなくてはならないので、別の記事で紹介しますm(__)m

 

 

① 画像をダウンロード

 

はじめに素材となる画像を先ほどのところからダウンロードしてくだいさm(_ _)m

「とりあえず文字を入れればいいよ!」という方はお好きな画像をお使いください。

 

② アプリを起動〜画像の選定方法

 

Phonto 使い方

 

起動するとこのような画面になるので、赤枠の「カメラアイコン」をタップします。

 

Phonto 使い方

 

今回はカメラロール(アルバム)に入っている画像を使うので、「写真アルバム」をタップします。

 

Phonto 使い方

 

任意の画像を選択するとこのような画面になりますので、もしフィルターを使用する場合は赤枠のところから、お好きなものをお選びください。

今回は使用しません。

 

③ 文字の入力方法〜文字のスタイル変更方法

 

Phonto 使い方

 

文字入力をする時は、画面をタップします。

そうすると「文字を追加」というタブが出現しますので、そちらをタップします。

 

Phonto 使い方

 

このような画面が表示されますので、文字を入力します。

右下に「左寄せ」「横書き」とありますが、今回は使用しません。ちなみにそれぞれをタップすると…

 

  • 左寄せ→中央寄せ→右寄せ(文字に位置を変更できます)
  • 横書き→縦書き(文字の縦書きが可能となります)

 

さらにここで左下のフォントをタップすると…

Phonto 使い方

 

こちらは日本語フォントなのですが、見方を説明すると…

 

  • オレンジ色が現在選択しているフォント
  • 白色が使えるフォント
  • 薄っすらと見えているのが未ダウンロードのフォント

 

という感じです。

 

Apple信者
そしてなぜかあの有名漫画(ジョジョ)のフォントがっ!?

 

そして記号をタップすると、たくさんの記号があります。

Phonto 使い方

 

そして先程の画面で「完了」をタップすると、文字が挿入されます。

Phonto 使い方

 

挿入された文字をタップすると、メニューが表示されます。各項目を説明すると…

 

  • 文字→文字内容を変更できます
  • フォント→先程紹介したフォントの選択画面が開きます。
  • スタイル→文字に装飾を付けます。
  • サイズ→文字のサイズを変更します。
  • 傾き→文字に傾斜を付ける時に使います
  • 移動→文字の位置を移動します。画面ドラックで直接移動もできますが、「真ん中に配置した時」や「微調整」したい時に使うと便利です。

 

ざっくりですが、このような使いわけします。

 

今回は文字に装飾を付けたいので「スタイル」を選択します。

Phonto 使い方

 

上部に「色」と「スタイル」というダブがありますので、「スタイル」をタップすると、このようなメニューが表示されます。

こちらで文字のスタイルを色々変更できます。

 

青枠部分をタップすると、文字に「影を付ける 」ことができます。今回はこちらを使用します。

 

黄色枠部分をタップしてみますと…

Phonto 使い方

 

こちらの画面が表示されますので「このスタイルを保存する」をタップすると、現在適用している文字のスタイルが保存されます。

別の機会に同じスタイルを使用したい場合、非常に便利な機能となるので、しっかり活用しましょう。

 

Phonto 使い方

 

同じように右側にも文字を入力し、今度は文字のカラーを変更します。

 

Phonto 使い方

 

先程同じメニューが表示されまうので、「色」のタブを選択します。

青枠部分「カラーサンプル」の中から黒を選択すると、文字が黒色に変化します。

しかしこのままだと「文字の影」も黒色なので、カラーの変更が必要となります。先程のスタイルから「影」を選択して色を「白色」に変更しましょう!

 

④ 文字背景の付け方

 

Phonto 使い方

 

文字に背景を付けたい場合は先程の「色」タブを選択したまま、「背景」という項目を選択します。

そうしたら青枠の色を選択します。

ただしこのままだと、画像を塗り潰してしまうので、赤枠の「透明度」で調整しましょう!!

 

そうすると…

 

Phonto 使い方

 

このように、「透明でカラー付き背景」の完成です!!

 

Apple信者
背景と見分けがつかず、文字を目立たせい時に有効です!!

 

⑤ 文字にグラデーションを入れる

 

Phonto 使い方

 

今回は赤枠の「VS」にグラデーションを付けたいと思います。

 

Phonto 使い方

 

こちらも先程と同じように、タップしてメニューを開きます。

 

Phonto 使い方

 

上部の「色」タブを選択した状態で、下部の赤枠内の「色パターン作成」をタップしましょう!!

 

Phonto 使い方

 

色パターンをタップするとこちらのメニューが開きます。

ほほ自動で文字に色を振り分けてくれるので、好きな色選択するだけです。赤枠内をタップすると、パターンが表示されるので、楽に色を選べます。

 

Phonto 使い方

 

グラデーションの方向を選択します。現在は「水平方向」となっているのですが、今回は「垂直方向」にしたいのでそちらタップして変更します。

 

Phonto 使い方

 

このように「垂直方向」にグラデーションが変更されました。あとは「適用」をタップして完了です。

ここで適用をタップしないと変更が反映されませんので、ご注意ください!!

 

Phonto 使い方

 

これで文字の「グラデーション」は完了です。

 

⑥ 吹き出しを入れる

 

Phonto 使い方

 

 ← 赤枠内のアイコンをタップすると…

メニューが表示されますので、青枠内の「アイテムを追加」をタップします。

 

Phonto 使い方

 

するとこちらの画面が表示されますので、青枠内で「吹き出し」のアイコンをタップすると、いろんなパターンが表示されます。

今回は赤枠内の吹き出しを選択します。

 

ちなみにとなりの「★」をタップすると…

Phonto 使い方

 

図形を挿入することもできます。

 

Phonto 使い方

 

さっそく図形が挿入されるので、タップすると赤枠のメニューが出現しますので、色を変更していきましょう!!

色は塗りつぶしたくないので、透明度を下げます。(0.50に設定)

変更方法は背景を透明にした時と同じようにできます。

 

Phonto 使い方

 

続いてサイズも変更しましょう!!

 

Phonto 使い方

 

最後に文字を追加して完了です!!

お疲れさまでした。

 

おわりに

 

「Phonto」はいかがだったでしょうか?

 

僕はこちらのアプリで、「ブログ」のアイキャッチ画像と「YouTube」のサムネイル画像を作っていますが、本当に重宝しています。

 

そして…

 

無料で使える!!

 

のが最大の魅力でしょう。

 

もしまだ決まったアプリ、これといったアプリが見つかっていない人は試してみる価値はあると思いますので、よければ使ってみてください!!

 

では今回は以上となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

【無料】画像の文字入れに便利「Phonto」使い方を解説
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG