2020年発売予定のiPad Airはディスプレイ内Touch IDを搭載!iPad Proの予想もあり

2020年発売予定のiPad Airはディスプレイ内Touch IDを搭載!iPad Proの予想もあり

2020年発売予定のiPad Airはディスプレイ内Touch IDを搭載!iPad Proの予想もあり

 

Apple信者
今回はiPadの今後について考えてみましょう!!
今年3月に発売されたiPad Proでは『Lidar』を駆使したAR(拡張現実)が話題となりました。
例えば「自宅の部屋にARで作成された家具を配置して、雰囲気やサイズ感を確かめる」といったことも可能となりました。
こういった最先端のテクノロジーがこれからも搭載されていくと思うと「ワクワク」しませんか?
実際に今年発売が期待されているiPadにもまだまだ最新鋭の技術が実装されそうです。今回は現時点で判明(あくまでも噂)している情報を皆さんと共有できればと思っています。

今年の注目は、新型iPad Air

iPad Air 2020 Apple Pencil

 

svetapple.skより、2020年(今年)の秋頃に発売が噂されているiPad Airについての情報が入りました。

 

Apple信者
何と言っても今年のiPadで一番の注目はiPad Air
より提供された画像を見ていただければ以前の機種と違うのは一目瞭然かと思います。svetapple.skより提供された画像と情報をお伝えしたいと思います。

ディスプレイはフルスクリーン化する

 

ディスプレイがフルスクリーン化することによりデザイン自体も大幅に変更されることが予想されます。

正面のデザインとしては、現在のiPad Proの印象に近づくでしょう。背面や側面のデザインについては、iPad Proとの差別化を図って来ることが予想されます。

svetapple.skによるレンダリング画像では、現行のiPad Airのデザインを応酬しています。
現行の画像を挿入↓↓
iPad Air
Photo | Apple
またフルスクリーンすることによって、ホームボタンが消失するので、現状の方法(ホームボタンの指紋認証)は不可能となります。
その点については次で詳しく見ていきましょう!!

ディスプレイ内Touch ID(指紋認証)

iPad Air Touch ID ディスプレイ 指紋認証

Photo | svetapple.sk

現在最も有力視されている情報は、ディスプレイ内指紋認証です。

突拍子もない情報に聞こえますが、Appleはまだ諦めておらず、この技術を継続して研究していることが分かっています。実は今年発売予定のiPhone12にも実装されることが噂されています。

詳しくはこちらの【悲報】iPhone12の発売は遅れる可能性あり?!ディスプレイ内Touch ID搭載をご覧ください。

ディスプレイ内指紋認証は、既に実装されているスマホもありますので技術的には可能です。ただし複製された指紋で突破されてしまうなどの欠点がり、そこを解決することが重要です。

 

Apple Pencil第2世代に対応

Apple Pencil第2世代に対応

Photo | svetapple.sk
画像に描かれているApple Pencilを見ると角ばっているので、明らかに第2世代であることがわかります。(第1世代は完全に円形)
つまりスマートコネクタが採用され無線充電が可能になるということでしょう。
そしてここからわかることがもう一点あります。Apple Pencilが第2世代になるとLightningポートが不要になります。恐らくはUSB Type-Cが採用されるでしょう。

 

アップルくん
これは嬉しいポイント!!第1世代は…
Apple Pencil(第1世代)
Photo | Apple 【Apple Pencil(第1世代)】
第1世代はペン先とは反対にLightningコネクタが付いており、こちらを本体に挿して充電します。
第2世代に比べるとどうしても使いにくさをを感じてしまいます。

その他仕様について予想

 

svetapple.skによると、その他の仕様については、あまり大きな進化は見られないという見解を示しています。

恐らくは既存の技術を利用することでコスト削減を図り、iPad Proとの価格差をつけることを重視していのではないかと思われます。

  • カメラ類については画像を見る限りでは大きな違いは無いように見えます。
  • ディスプレイについては、LCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)と予想。
  • 搭載されるチップは既存の品(A12X / Z)を使用すると予想

 

このあたりの技術を流用してコスパを上げてくると予想されます。(現時点で価格については不明です)

新旧iPad Airを比較

 

あくまでも推測の域ではありますが、これまでの結果を表にまとめてみました。

 

仕様/モデル iPad Air(現行) iPad Air(新型)
価格 64GB Wi-Fi 54,800円(税別) 不明(恐らく同等の価格)
ディスプレイ Retinaディスプレイ10.5インチ Retinaディスプレイ11インチ
チップ A12 Bionic A12 BionicX / Z
カメラ 8メガピクセル 8メガピクセル
Touch ID(指紋認証) ホームボタン方式 ディスプレイ内方式

 

表で比較しても分かる通り、現在一番の変更点(目玉機能)は…

 

ディスプレイ内指紋認証です

 

 

アップルくん
すごく楽しみです!!

 

とりあえずはここが一番の注目ポイントでしょう!!

 

iPad Proの今後について

iPad Proの今後について

Photo | phoneArena

 

続いてiPad Proですが…

判明している情報はまだまだ少ないです。

 

ここではiPad Proについて現在分かっている、搭載される『チップ』と『ディスプレイ』についてphoneArenaより情報が入ってきましたのでお伝えします。

 

SoC(チップ)について【A14 Bionic】

 

A14XBionic

 

Photo | 工商時報

 

上記はTSMC(台湾の半導体メーカー)の生産計画リーク画像になります。

赤枠部分にご注目ください。

「A14/14X」という文字が記載されていますが、「A14X」というのがiPad Pro用のチップと思われます。

今回の話とは関係ありませんが…

 

Apple信者
「A14」は恐らくiPhone用のチップかな?
ということも予想されます。

 

iPad Pro2020年モデルが「A13X」とならなかった理由

 

今年発売されたiPad Proに搭載されたチップは「A12Z」でした。

 

アップルくん
なぜ次は「A13X/Z」ではないの?

 

この点についての明確な答えは「Appleのみぞ知る!!」ですが、ある程度の予想は付きます。
まずここを予想する為には、2018年に発売された「iPad Pro(第1世代)」から振り返る必要があります。こちらに搭載されたチップが「A12X」です。
次に今年発売された「iPad Pro(第2世代)」に搭載されたチップが「A12Z」です。

 

アップルくん
X→Zに変わったけどA12のままだ!!

 

A12のままである理由としては両者が全く同じ製品であるからです。証拠はこちら↓↓
A12X A12Z 比較
Photo | phoneArena
左側が「A12X」チップで、右側が「A12Z」チップです。
ちょっと難しい画像に見えますが、白枠で囲まれたGPUcoreという文字があるかと思います。こちらの数が処理性能を決める上で非常に重要です。
そして両者ともその個数は8個です。つまり…

 

完全に同じ!!

 

ということが既に証明されています。
こういった背景があり、Appleも「A12X」→「A13X」に変更するは辞めたのかな?と思われます。
ただし次期iPad  Pro用のチップ名が「A13」と飛ばした理由については不明です。

 

 

Apple信者
iPhoneの「A14 Bionic」に合わせたったのかな?

ディスプレイ

 

現在のiPad ProはLCDパネル(液晶ディスプレイ)を採用していますが、次期モデルでは「ミニLEDディスプレイ」を採用すると噂されています。

このミニLEDディスプレイですが、iPhoneX以降に採用されているOLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)が持つほとんどの利点を備えています。

更にOLEDディスプレイのデメリットである、画面の焼付きといった心配の必要が無いらしいです。

 

Apple信者
これは安心できる!!

現在のディスプレイの欠点を補うことが出来る性質を持った、次世代型のディスプレイと言っても過言ではありません。

 

アップルくん
すごーい!!これは楽しみですね!!

おわりに

 

iPadの今後についてはいかがだったでしょうか?

まだまだ情報が出揃っていないので、個人的にもこらからが楽しみなところです。

ではまた情報が入り次第お伝えしますので、楽しみにお待ち下さい!!

 

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!!
2020年発売予定のiPad Airはディスプレイ内Touch IDを搭載!iPad Proの予想もあり
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG