各アクセサリー類の解説

【購入方法】iPad購入にお悩みの方必見!おすすめ買い替えサイクルあります【下取り価格に基づき解説します】

各アクセサリー類の解説

こんにちは、Apple信者です。

今回は以前下記の記事でもご紹介した、「Apple製品のおすすめ買い替えサイクル」iPad版を解説します。

関連記事

こんにちは、アップル信者です。 今回は下記の記事中でほんの少しだけ紹介した、「Apple製品のおすすめ買い替えサイクル」をご紹介します。   [sitecard subtitle=関連記事 url=https:/[…]

【購入方法】Apple Watctのおすすめ買い替え(下取り)サイクルと購入するべき理由を解説します。

他製品についても順次執筆していきますので、少々お待ちくださいm(_ _)m

では本題に入りましょう。

 

iPad購入に悩む人たちの理由

iPad購入に悩む人たちの理由

 

僕が想定する理由を2点挙げてみます。

 

iPad高いよ‥て思いますよね?

 

価格の詳細については後ほど解説しますが、2020年4月現在iPadはかなりお安く入手できます。

参考までに初代iPad Wi-Fi モデル(64GB)の発売価格は、73,200円です。(Wikipediaを参考)

現行のiPadであれば Wi-Fiモデル(128GB)で44,800(税別)です。(Apple公式サイトを参考)

そして、なんと!!

同モデルの32GBであれば34,800(税別)で購入できます。

 

実はiPhoneなんかよりも断然安いのです。

 

iPhoneをお使いの皆さん、価格ベースで言わせもらうと

 

「iPadは高い!」

 

なんてもう言えませんよ笑

 

結局iPadって、iPhoneを大きくしただけでしょ?

 

以前の僕もそう思っていました。なので購入には至りませんでした。

ただある時を境に状況は一変しました。

2019年9月25日に「iPadOS」にリリースされたことです!

よりPCに近づきというか、もはやPC代わりにもなります。

なので心配無用ですね。

 

使い道はしっかりと考慮しましょう!

 

購入しても損することは無いと思います。

とはいえ個人差はあるので、使い道はしっかり考慮して買いましょう。

YouTube、Netflixなど動画を見るにも大画面で見たい!イラストを描きたい!

読書、ゲーム、PCの代わりに使うなど‥

目的はなんでもOKです。

 

おすすめの買い替えサイクルをご紹介します

おすすめの買い替えサイクルをご紹介します

 

ざっくりですがiPadを購入した方がいい理由についてはお分かり頂けたでしょうか?

次からiPad版のおすすめ買い替えサイクルを解説していきます。

 

STEP1 最新モデルを新品で購入する

 

まずはこれ一択です。

 

旧型、中古品はやめておきましょう。。。

この方法は最新モデルを購入することに意味があります。

なぜ新品がいいのかは後ほど解説します。

 

STEP2 アクセサリ、カバーも同時に購入しましょう

 

先ほど触れましたが、iPadの用途は多種多様です。

それに合わせてアクセサリなどを購入するれば、最低限の出費で済みます。

ちなみに今回僕が購入したものはこちら

  1. Majic Mouse
  2. Smart Keyboard Folio
  3. Apple Pencil
  4. ペーパーライクフィルム

 

これらがあれば基本的にはOKです!

ただし全てが必須なわけではありませんので、そこは各自必要に応じて購入しましょう。

後ほど各アクセサリについて、ちょっとだけ詳しく解説します。

詳細なレビューはもう少し使用してから執筆しますので、少々お待ちくださいm(__)m

 

STEP3 新型が発売されたら迷わず購入しましょう

 

これが最も効率よく買い替えするサイクルです。

一世代前のモデルであればけっこういい価格で買取してもらえるので、損失も少ないです。

この辺りは、後ほど比較しますので、少々お待ちください。

ちなみにAppleではこういった買い替えサイクルを推奨しています。

 

Apple(日本)

使い終わったiPhone、iPad、MacなどのデバイスをApple Trade Inで下取りに出すと、新しい製品の購入…

 

iPadの下取り価格を2機種で比較

iPadの下取り価格を2機種で比較

 

今回は、株式会社イオシスさんがオンラインで運営されているサイトの価格を参考にしています。

興味あるかたはこちらをクリック(株式会社イオシスのHPへ飛びます)

 

今回の比較機種

 

今回は下記2種類のモデルで一番購入されているスペックを選定(価格.com参考)

  • iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fi 32GB 2019年秋モデル
  • iPad Pro 11インチ 第1世代 Wi-Fi 64GB 2018年秋モデル

 

価格/製品モデル iPad10.2インチWi-Fi+Cellular iPadPro10.5インチWi-Fi+Cellular
未使用品(未開封) 38,000円 70,000円
使用感あり(傷の程度) 32,000〜29,000円 61,000〜55,000円
目立つ傷あり 20,800円 42,700円
最低買取保証 5,000 10,000
2020年4月時点の価格です。時期によって価格は変わると思います。各社のサイトをご覧ください。

 

比較表の価格を分析

 

こうして見ると、iPad Proよりも無印のiPadのほうが下取り価格は高い印象ですね。

ちなみに定価をもう一度確認しましょう。

 

iPad10.2インチWi-Fi+Cellularモデル

 

無印iPadの定価は34,800円(税別)で税込み38,280円です。

こちらについては下がっても、5,000〜6,000円ほどです。

あまり値段(価値)は下がらないですね。

 

iPadPro10.5インチWi-Fi+Cellularモデル

 

iPad Proの定価は89,800円(税別)で税込み98,780円です。

こちらについては…

無印iPadよりは値段(価値)が落ちる印象ですね。

Apple Watchもですが、価格が低いモデルほど買取額は下がらない印象を受けます。

 

まとめ

 

効率良く買い替えをサイクルしていくなら、無印のiPadは価値が下がりにくくおすすめかと…

ただし、スペック的な問題もあるので一概に言い切れません。。。

iPadに関してはしっかりと使い道を考慮した上で、効率よく買い替えしていくことをおすすめします。

 

各アクセサリー類の解説

各アクセサリー類の解説

 

ここからはちょっと余談になりますが、先ほど触れたようにアクセサリーの説明を簡単に解説します。

必要そうであれば、各自購入しましょう。

 

Majic Mouse 2

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

従来のマウスようなホイールは付いていません。ジェスチャー操作(指をスライド)させることで、ページをスクロールしたりします。

フォトショップやイラストレーター、僕のようにワードプレスを使う人は、指でのタッチ操作だけでは苦しい場面があります。

例えばブレッド(項目リスト)が多いとミスタッチが増えて、作業効率が落ちるなど。。。

こういった作業が多い人は必須かと思います。

 

Smart Keyboard Folio

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

こちらは、ケースとキーボードが一体化した商品です。

Apple(日本)

iPad Pro用のSmart Keyboard Folioは、快適かつ静かにタイピングできるキーボードでありながら、前…

動画でも映っていますが(3つの丸い点)iPad本体と直接接続するため、設定不要です。

更に自動で給電もされるので、充電すら不要という最高の仕様です。

純正品だからこそできる仕組みですね!

だだしこちらについては、僕のように文字入力が多い人は必須ですが、少ない人は不要かと…

キーボード無し(カバーのみ)のSmart Folioも販売されていて、価格も安いのでそちらがおすすめ。

 

 

Apple Pencil

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

今回購入したのは、Apple Pencilの第2世代と言われる商品です。

Apple(日本)

Apple Pencilは、絵を描いたり、メモを取ったり、書類に注釈を加える時の使い心地に基準を打ち立てました。それは直…

 

※Apple Pencil第2世代は、iPad Pro専用となりますのでご注意ください。
こちらも必須ではありませんが、あれば確実に便利な商品です。
イラストを描くイメージが強いかもしれませんが、メモを取る時にもかなり便利です。
iPadと組み合わせれば、紙のメモ帳、ノートは一切不要!!
今のところMac・iPhoneでは使用できないので、ここはかなり大きなポイントです。
なので値段以上の価値は確実にあります。

 

ペーパーライクフィルム

 

商品名のまんま、紙に似た質感を出すためのフィルムです。

 

ペーパーライクフィルム
created by Rinker

 

iPadの表面はツルツルしているので、これを貼れば紙に書いている感覚を得られるという商品です。

もちろん、画面の保護もしてくれますので必要に応じて購入したほうが良いでしょう。

 

おわりに

紙のメモ帳代わりに、iPadを使おう

 

今回の記事を見てiPadの印象は少し変わりましたか?

かなり高いイメージをお持ちの人もいたとは思いますが、最近は低価格モデルも販売されていて、以前より購入のハードルは下がっていると感じます。

また比較表見ればわかると思いますが、一度購入してして、買い替えサイクルを上手く活かせば常に最新のモデルを使い続けられます。

こいったメリットは特に、ビジネスシーンで使用する人にはメリットが大きいと思います。

これを機会に紙と鉛筆から、iPadとApple Pencilに持ち替えてみませんか?

 

今回は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
各アクセサリー類の解説
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG