iPadをiPhoneにテザリングで接続する方法【Bluetoothペアリング】

iPadをiPhoneにテザリングで接続する方法【Bluetoothペアリング】

iPadをiPhoneにテザリングで接続する方法【Bluetoothペアリング】
アップルくん
iPadセルラーモデルもいいけど、やっぱり高いなー…そしてもうWi-Fiモデルを購入している場合はどうしようもないの?
Apple信者
前回の記事では、iPadは4G通信ができる「セルラーモデル」がおすすめと言ったけど、実はそれ以外にも外出先でフリーWi-Fiを使わずともネットに接続する方法があるよ!

 

このように、フリーWi-Fiを使わずにインターネットネットに接続する方法は、2パターンあります。

その結論として僕は先日こんなツイートをしました。

 

 

このようにバッテリー消費は大幅に下がりますが、実は…

 

通信速度にも大きな違いがあるので、切り分けて使うことがとても重要。

ということで本記事ではこちらの内容について詳しくご紹介できればと思います!

 

Bluetoothペアリングとは?【Wi-Fiと比較】

 

冒頭でも触れたようにiPhoneのインターネット共有機能には主に2種類の方法があります。

 

iPhoneのデザリング(親機)でiPad(子機)をインターネットに接続させる場合

iPhoneとBluetoothペアリングを行い、通信する ←今回はこちらの方法をご紹介

iPhoneとWi-Fi接続を行い、通信する

 

こちらの2種類の接続方法ですが、おもしろいことに特性が真逆です。
なので、繰り返しになりますが、使いわけがとても大切です!

 

アップルくん
使い分けか…難しそうだああーー
Apple信者
意外とそうでもないんだよ!それぞれのメリット・デメリットを知ると、より分かりやすいと思うから、まずはそちらから見てみよう!

 

Wi-Fi接続で通信する【メリット・デメリット】

 

iPhoneをWi-Fi通信の親機として、iPadなど別のデバイス(子機)をインターネットに接続させる方法です。

 

iPhone  → Wi-Fi → iPad

イメージ図

 

おそらくテザリングといったら、一般的にはこちらのイメージが強いかと思います。

ではメリット・デメリットについて見ていきましょう!

 

Wi-Fi接続で通信する【メリット】

 

メリットとしては、Bluetoothペアリングに比べて通信速度が早いこと。

また複数のデバイス接続も可能です(例:iPadを接続しつつ、ゲーム機も接続するなど)

 

Wi-Fi接続で通信する【デメリット】

 

バッテリーの消費が多いため、すぐに残量が減ってしまいます。

インターネット接続をしていると、ついつい使いすぎてしまうことがありますので、Wi-Fi通信(テザリング)を使う場合は、モバイルバッテリーを持参するなどの対策が必要

 

Bluetooth接続で通信する【メリット・デメリット】

 

iPhoneのBluetooth通信を利用し、iPadなど別のデバイス(子機)をインターネットに接続させる方法です。

 

iPhone  → Bluetooth → iPad

イメージ図

 

Apple信者
ちょっとマイナーな感じがしています(笑)でもとても便利ですよ!

ではメリット・デメリットについて見ていきましょう!

 

Bluetooth接続で通信する【メリット】

 

メリットとしては、Wi-Fi通信と比べて、バッテリーの消費が少ないことです。

複数のデバイス接続も可能です(例:iPadを接続しつつ、Bluetoothスピーカーで音楽を聞く)

 

Bluetooth接続で通信する【デメリット】

 

BluetoothはWi-Fiに比べると、かなり通信速度が落ちるので要注意です!

実際に試したところ、Yahoo!のトップページを開くだけでも、けっこう時間がかかり、ストレスを感じる方も多いかなと思います。(YouTubeの動画内で検証していますので、ご参考にどうぞ)

 

なので、Bluetooth接続で通信する時は、軽めの作業(メールやチャットなど)がいいなと感じました。

動画の閲覧など、重たい作業には向かないと思います。

 

まとめ【Bluetooth接続とWi-Fi接続】

 

ここまでの内容をまとめると…

 

 チェック

Wi-Fi通信 → 通信速度は速いけど、その分バッテリーの消費が多い。
Bluetooth通信 → 通信速度は遅いけど、その分バッテリーの消費が少ない。

 

アップルくん
なるほど!特性の違いって、通信速度とバッテリーがポイントなんだね!
Apple信者
この点を抑えておくと、使い分けしやすいかなーと思ったよ!

 

 

Bluetoothペアリング(通信)のやり方

 

ここからは、Bluetoothペアリングの方法についてご紹介していきたいと思います!

接続を始める前に一点だけ注意がありますので、そちらは必ずチェックお願いします。

 

インターネット共有が「使えるか」を確認

 

キャリアによっては、インターネット共有機能が無料で付いているサービスもあれば、有料オプションとして扱われているケースもあります。

 

iPhoneの場合、インターネット共有が「使えるか・使えないか」の確認はとても簡単です。

 

右図のように→

「インターネット共有」という項目があれば、OKです。
この項目がない場合は、契約されていない状態なので確認が必要です。

 

繰り返しになりますが、「インターネット共有」という項目がない場合は、別途オプション加入が必要な可能性が高いので、契約しているキャリアへの確認をお願いしますm(_ _)m

 

Bluetoothペアリングの方法

 

今回はiPad側でインターネット共有する方法をご紹介します。

 

「設定」アプリを開き「インターネット共有」をタップします。

インターネット共有が「使えるか」を確認

「ほかの人の接続を許可」ONにします

 

続いてiPad側に移り、「Bluetooth」のタブを開きます。

 

赤枠のように、デバイス名が表示されるのでタップします。
(初接続の場合のみ、その他デバイスに表示されます)
ちなみに、ここに表示される名前は各人の設定により変わりますので、ご注意ください!

 

タップすると↓↓

 

 

画面上に「6桁の数字」が表示されます(一部を隠しています)ので「ペアリング」をタップします。

 

次はiPhone側をチェック↓

 

 

iPhone側にも「6桁の数字(iPadと同じか確認)」表示されるのでOKであれば、ペアリングをタップします。

 

タップすると↓↓

 

 

iPhone「接続済み」と表示されますので、これでOKです!

 

念のため確認しましょう↓↓

 

ペアリング中は時計表示が青くなります。

iPhone側で確認するとiPad「接続済み」です。

 

以上で設定は終了です。

 

アップルくん
お疲れさまでした!
Apple信者
この設定は初回のみなので、次回以降はいつもBluetoothデバイスを接続する感じでOKです!すぐに接続できますよ!

 

Bluetoothペアリングのまとめ

 

Bluetoothペアリングの機能はいかがだったでしょうか?

 

Apple信者
「意外と知られていない機能では?」と思い、記事を書いてみました!

 

「少しの間、デザリングを使いたいけどバッテリー残量が心配だなー」

 

アップルくん
こんな時にぜひ活用してみてくださいね!

 

 

 おさらいにどうぞ!

Wi-Fi通信 → 通信速度は速いけど、その分バッテリーの消費が多い。
Bluetooth通信 → 通信速度は遅いけど、その分バッテリーの消費が少ない。

 

では今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

iPadをiPhoneにテザリングで接続する方法【Bluetoothペアリング】
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG