iOS14から見えたAppleの未来【メガネ型ARデバイスを想定】

iOS14から見えたAppleの未来【メガネ型ARデバイスを想定】

iOS14から見えたAppleの未来【メガネ型ARデバイスを想定】

 

Apple信者
今回はiOS14から考えられる未来について深堀りしてみます!!

 

先日WWDC2020で「iOS14」が発表されたことは、Apple好きのみならず、iPhoenユーザーであればご存知の人も多いのではないでしょうか?

 

そしてiOSの変化の大きさに驚いた方も、また多いのではないでしょうか?

 

Appleがずっとこだわっていたデザインを、今回これだけ大幅に変更してきたのには、何か理由があると思いませんか?

 

僕が考えられる理由としては…

 

  • ユーザーサビリティの追求(使いやすさ)
  • 未来への伏線 

 

こちらの2点が考えられると思いますが、一つ目のユーザーサビリティの追求は当然ですし、僕はまだ「iOS14」を使ったことはありませんが、非常に楽しみ!!

iOS14の詳細にについてはこちら >>(WWDC2020の発表内容まとめ)

 

やはりApple信者として、ここから更に考察したいのは「未来への伏線」です。

 

ということでiOS14のアップデート(iPadOSやmacOSも)が、一体何に?どんな風に活かされるか?

結論を言ってしますと…

 

AppleGlass(メガネ型のARデバイス)です!!

 

こちらについて考察していきたいと思います!!

 

 

「 AppleGlass」について

Apple Glassのデザインについて

Photo | Eric Huismann によるコンセプト画像

 

Appleが今後1〜2年以内に、メガネ型のARデバイスを発売するのは確実とも言われ、早ければ年内に発表される可能性すらあるそう。

 

アップルくん
すごく楽しみだね!

 

Appleグラスは処方箋にも対応していて、デザインはごく普通のメガネのようなデザインとなることが、プロトタイプから判明しています。

 

AppleGlassの詳細はこちら【重大発表】Apple Glassは早ければ年内発表、発売は2021年末【価格は499ドルで約53,670円」】ご覧くださいm(_ _)m

 

そして操作には「Starboard」名付けられたUI(ユーザーインターフェイス)が用いられ、操作はジェスチャーで行うそうです。

実際にこの操作方法について、Appleは新たに特許を取得しましたので、今後の開発に盛り込まれる可能性は大いにあります。

 

アップルくん
すごく楽しみなんだけど「iOS14」と、どんな関係があるの??
Apple信者
iOSで変更された機能に、AppleGlassに通じる物があると見たよ!
アップルくん
さすがApple信者っ!!

 

ではどのように活かされるのか?について詳しく見ていきましょう!!

 

iOS14のアップデート内容から見えるAppleGlassについて

Photo | Jordan Singer

 

iOS14は本当に大幅な変更が加えられました…

 

Apple信者
予想していた以上に大幅なアップデートだから正直かなりビックリ!!
でもよくよく考えてみるとこの大幅なアップデート、AppleGlassにもかなり活かせる気がしています…
分かりやすいところで言うと、例えば…
  • 電話の着信時に、画面が占有されなくなった
  • Siriの起動時に、画面が占有されなくなった
  • ウィジェットが大幅に改良され、情報がコンパクト化されながらも見やすくなった
  • Apple Clipsの追加
  • ピクチャインピクチャ機能の追加

 

iOS14で実装される機能ですが、AppleGlassにとてもマッチする機能です!

 

そこで海外のサイトでおもしろい画像があったので、併せてそちらの内容もご紹介していきたいと思います!!

 

これから掲載する画像は、Apple公式の画像ではありませんので、ご注意くださいm(_ _)m

 

電話の着信画面

 

iOS14では「着信画面」がコンパクト化されましたよね!

当然iPhoneで操作する上でも、邪魔にならずメリットは大きいですが、これってAppleGlassに活かせないでしょうか?

 

例えばこのように

 

Apple Glass 電話の着信画面 

Photo | Jordan Singer

 

こちらの画像のイメージとしては →

  • AppleGlassを付けた状態の時に「着信」があり、右上に表示がされています。
  • AirPodsのアイコンもあり、そのままAirPodsを使った通話も可能ですよね!

 

アップルくん
たしかにメガネに着信を表示させるならコンパクトにしないとね!
Apple信者
だからこそ今回Appleが掲げた「デザインの統一」にも繋がると思ってるんだ!

 

ここで勘の良い人は気付いたかもしれませんが…

 

Apple Glassの為にデザインが更新(コンパクト化)されたのではないか?

 

Apple Glassの発表は早くて年内と言われていますので、このタイミングで改良されるのは全然ありかなーと思っています。

 

その他の画像も見ていきましょう!!

 

ウィジェットの表示

 

Apple Glass ウィジェット

Photo | Jordan Singer

 

iOS14で改良されたウィジェットの表示ですが、このようにAppleGlassに照らし合わせても違和感なくというか、むしろピッタリな表示。

 

Mapsのナビゲーション

 

Apple Glass ナビゲーション

Photo | Jordan Singer

 

Apple信者
運転しながら自然とナビゲーションしてもらえそうな機能ですね
アップルくん
これなら道も間違えにくそう!!

 

ピクチャー・イン・ピクチャー機能

 

 

このようにピクチャインピクチャ機能を応用して、ビデオ通話も可能になりそうですね!
こちらのサイトでは他にもたくさんのコンセプト画像が紹介されていましたので、ぜひ興味あるかたは、一度ご覧ください!!
glassOS | Jordan Singer >>(英語ページです)

 

iOS14のアップデートから見えた、Apple Glassについてのまとめ

 

iOS14の伏線の話、いかがだったでしょうか?

 

もしかすると「Apple Glass」が初耳だったという方も多いかと思いますが、とても楽しみな製品になりそうですよね!

 

現在のAppleは、AR技術にかなり力を注いでいます。

その証拠が、iPad Pro(2020)モデルの搭載された「Lidar」という、ARには欠かせないテクノロジーです。

またiPhone12にも搭載されるとの噂があります…

 

【画像あり】iPhone12 Proの予想スペックが判明したので解説します【iPhone11 Proと比較します】

 

もしかしらたiPhoneの代わりに、みんながこのメガネ型のARデバイスを使っている日が来るかもしれませんね!

 

 

Apple信者
個人的にはそんな未来を予想しています…

 

では今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

iOS14から見えたAppleの未来【メガネ型ARデバイスを想定】
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG