【COOWOO MTK-PEレビュー】簡易的に測定するならコレで充分!【コスパ最高のUSBテスター】

【COOWOO MTK-PEレビュー】簡易的に測定するならコレで充分!【コスパ最高のUSBテスター】

  • 2020年8月14日
  • 2020年8月15日
  • その他
  • 1651view
【COOWOO MTK-PEレビュー】簡易的に測定するならコレで充分!【コスパ最高のUSBテスター】

【COOWOO MTK-PEレビュー】簡易的に測定するならコレで充分!【安いけどしっかり測定できる】

 

スマホやタブレットの充電をしていて、充電スピードが遅いと感じたことはありませんか?

 

僕も過去に安価なアダプターを購入して感じていたことがあり…

 

Apple信者
その時の僕は自分の感覚の問題かなーとか思っていました(笑)

でもそんな訳はなくて、充電が遅いと感じた時にはちゃんとした理由があります!!

 

  • 充電器(アダプター)が定格通りにしっかりと出力しているのか?
  • ケーブルがその充電器の出力に対応できる? (安価なケーブルには要注意)

 

そしてこのような問題を「感覚」ではなく「数値」として測ることができるのが、今回紹介する「USBテスター」です!

 

【COOWOO】USB電圧電流テスター | MTK-PE

 

ということで、本記事では【COOWOO MTK-PEレビュー】簡易的に測定するならコレで充分!【安いけどしっかり測定できる】についてレビューしていきます。

 

本記事はレビュー中心の内容となります。詳しい使用方法について知りたい方は、以下の記事内で紹介していますので、こちらをどうぞ!

関連記事

  スマホを充電している時に、こんな経験をしたことはありませんか?   アップルくん この充電器を使うと、いつもより時間が掛かっている気がするよー??   App[…]

【USBテスターの使い方】購入したので、早速充電アダプターをテスト【不良品も発見】

 

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの外観

COOWOO MTK-PE USB電圧電流テスターの外観

 

【COOWOO MTK-PE】 電圧電流テスターのパッケージです。

お菓子の箱のような簡易的な包装です。

 

COOWOO MTK-PE

 

裏面には「Made in Chaina」との記載あり。中国製の製品です。

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの外観

 

本体のサイズ感はよくある「USBフラッシュメモリ」をちょっとゴツくした感じです。

USB端子にカバーは付いていません。

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの外観

 

こちらは出力側(充電ケーブルを挿す側)はこんな感じです。

パット見では特に問題ないように見えますが…

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの外観

この画像はスイッチの部分ですが、切り欠き部分の造りに「雑さ」を感じます。

安価(低コスト)なのでしょうがない部分ではありますが、細かい部分が気になる人は購入は控えたほうが良さそうです。

 

Apple信者
このように細部をよく見ると、造りはやはり「値段相応」といった印象です

 

あとは写真からもお分かりかも知れませんが、指紋などの汚れもけっこう目立ちます。

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの付属品【説明書のみ】

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの外観

日本語の説明書付き

 

付属品は至ってシンプルで「説明書」のみでした。

しっかりとした日本語訳の説明書なので、ここはありがたいポイントです。

 

Apple信者
説明書を読めば使い方もすぐにわかりました!

 

 USB電圧電流テスターの使い方を紹介【とっても簡単】

実際に充電器とスマホを接続して測定しているところ

 

ここでは「COOWOO製のUSBテスター」で測定可能な項目について、ご紹介していきたいと思います。

 

詳しい使い方については下記の記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

関連記事

  スマホを充電している時に、こんな経験をしたことはありませんか?   アップルくん この充電器を使うと、いつもより時間が掛かっている気がするよー??   App[…]

【USBテスターの使い方】購入したので、早速充電アダプターをテスト【不良品も発見】

 

USBテスターのメイン画面を紹介【計測できる項目について】

 

 

それぞれの項目と値の意味を一覧表にまとめると…

表示 意味 測定範囲
電圧(V) 充電器からの出力電圧 3.3V~33V
電流(V) 充電器からの出力電流 0~5.1A
電力(W) 現在の消費電力 0~150W
容量(mAh) スマホなどに充電された量 0~99999mAh
電気量(Wh) 通算の電力量 0~99999mWh
通電積算時間(時:分:秒) 通電している時間 0~9999時59分59秒
製品温度(℃)/華氏度(°F) 本体の温度 0~80℃/0~176°F

 

この中で特に重要な項目は「電圧」と「電流」です。

USBテスターの基本的な使い方としては、この値が充電器本体に記載されている「定格出力」(Output)の値と一致いしているかを確認します。

 

Apple信者
他にも容量をチェックすると、スマホにどのくらいの電気が充電されたかの目安にもなります!

 

アップルくん チェック
アップルくん
これらの項目を確認すれば、とりあえずOKなんだね!

 

その他の画面についても紹介!!

 

COOWOO製のUSBテスターはメイン以外の表示もありますが、基本的にはあまり使いません。

理由としてはメイン画面に充分な情報が表示されているため。

 

アップルくん
でもレビュー記事なので、一応は紹介しますよー(笑)

左(メイン画面)右(V- D+ D- V+を確認する画面)

 

メイン画面よりも、詳しいデータ(追加V- D+ D- V+)を確認できる画面です(右側)

 

Apple信者
でも正直あまり確認する必要のない項目(値)なので、見る機会は少ないかと…

 

続いての画面はこちらです。

シンプルな表示で必要なデータが見やすい(左図)、スリープ画面(右)

 

こちらは余計な値が表示されていなくて、とても見やすい画面ですね(左図)

説明書の図が間違っています。
左の図の画面部分で、3つめの項目が「0.000V」となっていますが、正しくは「0.000W」です。
本体の表示は正しく「W」で表示されています。

 

Apple信者
スリープ画面は一応機能として付いてますが、使うことはほぼありませんね!

 

ちなみに画面の切り替え方法が「Key」ボタンで操作します↓

 

動画内で出てきた機能としてこれまで紹介していなかった機能が二つほどあります。

 

  • 画面の表示を反転させる機能 →「Key」ボタン長押し
  • データのリセット機能 → 「Key」ボタン5回クリック

 

Apple信者
この辺りが主に使う機能かと思います!
その他の詳しい使い方や、実際のイメージは以下のの記事で詳しく紹介しています。

COOWOOのUSBテスターを使ってみて良かった点【メリットあり】

 

僕が実際に購入して使ってみた感想としては…

 

Apple信者
購入してよかったーーと思いっています!!

 

理由としては、以前の記事でも紹介していますが、「充電が遅いと感じていた充電器が不良品」であることを発見できたこと。

もしこちらのUSBテスターを購入していなければ…なんとなくで、うやむやになっていたかも知れません。

 

というわけでそんな僕がUSBテスターを使ってみて感じたことを率直に述べていこうと思います。

 

USBテスターのメリット①

 

繰り返しになりますが、やはり一番のメリットは、充電という目には見えない動作を、きちんと「データ」として視覚化できることです。

 

本当に今使っている充電器が、定められた定格通りに出力をして充電されているのか?

ここを手っ取り早く確認するにはこれがもってこいの製品ではないでしょうか?

 

USBテスターのメリット②

 

メリット①に若干似通ってしまいますが「新たに購入した充電器やモバイルバッテリーが、初期不良品ではない」ということは確認しないとわからないですよね。

 

いくら大手のメーカーで高品質な製品とはいえ、製品の初期不良は付き物です。

 

ちょっと余談ですが、僕は過去にApple watchで初期不良を経験しています。つまりあのApple製品でさえ初期不良は起こり得るのです。

 

初期不良品であれば無料で交換してもらえたはずの製品が、様子がおかしいと後から気付いた時には…

 

時すでに遅し…

 

Apple信者
ということにならない為にも、しっかりと確認できる態勢は整えておいたが良いかもです!
アップルくん
充電器とかモバイルバッテリーって意外と高価だしね!
といことでこの辺りを問題なく確認できて、大手メーカーの製品より少し安めの値段で購入できる、COOWOOのUSBテスターはとてもコスパの良い製品だと感じました。

 

COOWOOのUSBテスターを使って微妙だった点【それでもデメリットは感じない】

USBテスターのクローズアップ画像(やはり細かい部分の造りは粗い)

 

正直に言うと…デリットはないです!!

 

とはいえ、これはCOOWOO製のUSBテスターに限らず、USBテスター全般に言えることです。

やはり充電という目には見えないものを数値化してくれる機能はとても便利です。

 

でも敢えてデメリットというか、微妙だったと点を挙げるとすれば…

ここまで何度か触れてきましたが、低価格さ故の造りの「雑さ」が目立つところです。

 

ここでは僕が感じた、微妙な点についてお伝えできればと思います。

 

COOWOO製のUSBテスターで微妙に感じた点 ①

 

【COOWOO MTK-PE】 USB電圧電流テスターの外観

USB端子部分のカバーが付いていない

 

これまでの画像や付属品のところでお気づきの方もいるかもしれませんが、USB端子を保護するカバーはついていません。

自宅で保管している分には特に問題ないかと思いますが、持ち歩く場合は注意したほうがいいかもしれません。

 

特に端子の根本部分は触れた感じ、強めの衝撃が加わると折れてしまいそうな感じです。

 

Apple信者
本体がプラスチック素材なので、余計に壊れやすそうです!

 

市販でUSB端子用のキャップが販売されているので、そのような物を利用すると保護できるのでおすすめです。

COOWOO USB テスター カバー

カバーを付けると持ち出す際にも安心!!

 

 

このようなキャップは電子機器にとっては大敵のホコリから本体を守る役割もあります。

 

COOWOO製のUSBテスターで微妙に感じた点 ②

 

こちらも繰り返しになってしまいますが、本体の造りがちょっと雑なところ。

見た目は安めの「おもちゃ」っぽい感じで、安っぽさを感じます。

ここに関しては対策のしようは無いので写真をよく見ていただき、もし気になるようでしたら購入は控えた方がよいかと思います。

 

COOWOO MTK-PEのレビューまとめ

COOWOO MTK-PEのレビューまとめ

 

COOWOO MTK-PEについてこれまでの内容をまとめるとこんな感じです。

 

 安いけどしっかり測定できる!試しに購入してみる価値あり!
 簡易的に測定するには充分すぎる性能(測定できる項目もたくさん)
 本体の造りが安っぽさを感じるので、気になる人は別製品の購入をおすすめ!

ということで簡易的に使用するには充分な性能を持っていますので、僕個人的にはとても満足しています。

 

Apple信者
繰り返しになりますが、見た目の安っぽさが気にならない人はとりあえずこちらを購入すれば、問題ないと思いますよー!

 

ということで、健全な充電生活を送る為には必需品だと思いますので、一家一台、いや1個あっても良いと思います。

 

ということで今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

【COOWOO MTK-PEレビュー】簡易的に測定するならコレで充分!【コスパ最高のUSBテスター】
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG