【徹底解説】新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」について

【徹底解説】新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」について

【徹底解説】新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」について

 

アップルくん
今日は遂にリリースされた新型コロナウイルスの対策アプリについて!

 

先月末に日本政府より発表されていた、新型コロナウイルス「接触確認アプリ」が6月19日にリリースされました。

リリース元は厚生労働省で、アプリ名は「COVID-19 Contact Confirming Application」の頭文字をとって、

 

COCOA

 

こちらの名称が付けられました。

 

アップルくん
このアプリで何をしたらいいの?
Apple信者
「目的」や「使い方」について詳しく見ていこう!

 

ということで、本記事では以下のポイントに着目していきたいと思います。

 

「COCOA」とは?(利用する目的など)

「COCOA」の使い方(ダウンロード、設定方法など)

 

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」リリース!

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」リリース!

Photo | 厚生労働省

 

「接触確認アプリ」は、AppleとGoogleの共同開発という、ちょっと珍しい形で世界に向けて公開された機能です。

先月の日本政府の会見では…

 

人口の6割程度に普及することが「鍵」となる

 

という「オックスフォード大学」の研究結果についても言及していました。

 

つまりこちらのアプリをみんなが利用する(普及させる)ことが大切です!!

 

実際にこのアプリには拡めるための機能も含まれています。

ここでは…

 

「COCOA」が一体どんなアプリなのか?

「COCOA」の利用方法は?(実際にアプリ画面を見ながら)

 

こちらをお伝えしていきたいと思います。

 

「COCOA」とは?

 

厚生労働省の説明を読むと、こちらのアプリには2つの段階が存在すると思いましたので、順番に説明していきます。

 

段階 ① 【接触の有無について】

 

アプリの基本的な仕組み →

ブルートゥースを利用して、近接した可能性がある場合には暗号化されたデータを交換するが、個人が特定されるよな情報は記録しない。

また記録された情報は、14日後に自動で削除され、いつでも記録(アプリの使用)をオフにできる。

 

アプリが記録する条件 →

1メートル以内、15分以上の接触をした可能性がある場合に、暗号化したデータを記録する。

「いつ・どこで・だれと」近接した状態かはわからない仕組みとなっている。

 

このように、新型コロナウイルス「陽性者」との近接での接触があった場合は次の段階へ…

 

 

段階 ②【陽性者と接触したケース】

 

陽性者と接触したケース →
新型コロナウイルス感染者の「管理システム」から通知が届き、症状に応じて検査を受診する。
ウイルス感染の陽性が判明したケース →
本人の同意に基づき、アプリで感染したことを登録する(本人の同意が必要なので、登録しなくてもOKですが、感染の拡大を防止するのためにも、登録は必要かと思います。
陽性登録者と第三者が接触したケース →
先ほど触れたように、1メートル以内、15分以上の接触があった場合に通知が届き、必要に応じて検査を受けます。

 

つまり…
アプリでこれらの「段階」を管理することにより、感染拡大を防止するという仕組みになっています。

 

こちらは簡易的にまとめた内容となっていますので、詳細は厚生労働省の公式ページをご覧くださいm(_ _)m

 

アプリについて

 

こちらでは、実際のアプリの画面です。

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

右の画像がアプリのホーム画面です。

 

基本的にはこのホーム画面から、

  • 確認
  • 登録
  • 設定

 

操作を行います。

詳しい内容は後ほど紹介します。

 

ざっくりです、以上が「COCOA」接触確認アプリについてとなります。

 

「COCOA」の使い方【インストール、設定など】

 

ここからはよ以下のポイントを元に、より具体的にアプリの使い方をみていきましょう!

① iOSを最新バージョンにする

② アプリのインストール 〜 初期設定

③ アプリの使い方

 

一見アプリの仕組みだけを聞くと、難しいように感じますが、日常的に使う分にはとても簡単です。

 

アップルくん
ぼくも一緒ににインストールして使い方を学ぼうかな!

 

iOSバージョンの注意点

 

アプリをインストールする前にひとつだけ注意点があります。

それはアプリのバージョンです。

 

iOSの場合13.5以上でないと、こちらのアプリを利用できませんので、ご注意ください!!

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」を探してタップ
  3.   一番上にある「情報」をタップ
  4.  「13.5」以上であることを確認

 

 

Apple信者
こちらは必須条件なので必ず確認しましょう!

 

アプリのインストール 〜 初期設定について

 

まずは下記からアプリのインストールを行います。

 

 

インストールが完了したらアプリを開きます。

 

すると…

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

Apple信者
利用規約などが出てきますが、全てOKで大丈夫です!

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ
このように全ての工程を経て、右の画像のように通知を「オン」にして完了です。

実際の使い方

 

ではここからメインテーマでもある「アプリの使用方法」についてご案内します。

日常で操作(確認)するところは基本的には1箇所のみです。

 

Apple信者
まずはアプリのホーム画面を開いてください!

 

 陽性者との接触を確認する

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

陽性者との接触を確認するをタップすると、過去14日間の結果が表示されます。

 

基本的にはこの項目を確認することが大切です。
できるだけ毎日確認したほうが、より感染拡大の防止に繋がります。

 

 陽性情報の登録

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

濃厚接触の通知が来て、検査を受けて「陽性」だった時、登録する為に使う項目です。
陽性と診断された場合に「専用の番号」が発行されますので、そちらを入力します。

 

アップルくん
万が一「感染」と診断された時だけ使うってことだね!!

 アプリを周りの人に知らせる

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

こちらは「アプリの拡散」に使う項目です。
iPhoneの「共有」機能を活用して、より多くの人にアプリを広めていきたいところですね!

 

 アプリの設定(アプリの機能をオフにする方法)

 

COCOA 使い方 接触確認 アプリ
COCOA 使い方 接触確認 アプリ

 

 ← ホーム画面の「左上」にあるメニューアイコンをタップ(左の画像)

続いて、「アプリの設定」という項目をタップする(右の画像)

 

そうすると…

 

  • 接触の検出(Bluetoothによる接触の検知)
  • 通知(陽性者との接触通知)

 

ここからアプリの「オン・オフ」は可能ですが、基本的にはいじる必要のないところです。

 

以上で使い方についての解説は完了です。

 

まとめ:新型コロナウイルス接触確認アプリについて

 

厚生労働省の公式ページには、ダウンロード数をカウントした値が表示されています。

リリース当日(6/19)の時点で「約85万ダウンロード」だそうです。

 

一見すると、とても多いように見えますが、2019年のデータによるとスマホの利用者は、約7,000万人を超えているそうです。

 

アップルくん
そうやって考えると、まだまだ少ない気がする

 

新型コロナウイルスを感染拡大を防止るには、とても有効なアプリだと思います。

冒頭でも触れたように、このアプリの効果を発揮するには、約6割ほどの利用が必要だという研究結果も発表されています。

 

仕組みだけ見ると、ちょっとややこしくて心配になる気もしますが、本記事を記事を読んでみた感想はいかがだったでしょうか?

 

プライバシーはしっかりと守られていますし、操作も簡単です。

 

  • 自身の身を守る
  • 家族・友人に移さない

 

Apple信者
ぜひ有効に活用したいところですね!

 

ということで今回は以上となります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【徹底解説】新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」について
最新情報をチェックしよう!
>最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

最高の「Apple」製品の情報サイトを目指します

Apple信者の人にも、Apple製品好きの人、そうでない人にとっても日本一のサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望もお待ちしております。

CTR IMG